税金の知識を持って節税しよう

先祖代々の土地を所有している人は多いですが、

これから先考えておかなければならないのが相続税などの税金のことです。

 

税金といえば確定申告のこともよくわかっていない人もたくさんいます。

だから早くから税金のことは専門の税理士さんに相談しておくと良いです。

 

会社員であれば税金関係は会社がきちんと行ってくれるものですが、

個人事業主や、フリーで働いている人は確定申告をする必要があります。

特にメインの仕事をしていて副業を行っているような人は、

副業の収入によって確定申告が必要な場合もあるので注意です。

 

確定申告についての知識がない場合は戸惑ってしまいますが、

税理士さんに相談しにいく余裕もないという人であれば

確定申告について詳しくなれるソフトを利用してもいいでしょう。

 

個人事業主の人は収入額や経費、控除額などを元に自分で税金の申告を行わなければなりません。

 

確定申告の方法としては、複式簿記による帳簿付けが必要な青色申告と

簡単に確定申告が出来る白色申告の2種類があります。

いろいろやらなければいけないことも多いですし、前もってきちんと調べておきたいものです。

気がついたら確定申告の時期は過ぎてしまっていた・・なんてことはないようにしておきたいものです。

 

そして、毎日自分の生活を楽にするために働いている人は多いですが、

手元に残るお給料の少なさにガッカリしてしまうことも多いものです。

それは税金が引かれているからですが、

そうした税金の内訳や使われる目的などを詳しくしらない人というのもいるでしょう。

ですから、節税したいならまずは身近なものにかかっている税金に注目していくと良いでしょう。

 

どういった項目にどれだけの税金を引かれているのかを知ることで、

世の中の動きを知ることもできるでしょう。

 

政治に無関心な人というのは多いものですが、

無関心ばかりでいると何故こんなにたくさんの税金が引かれているのかということも分かりませんし、

どんどん景気が悪くなってしまうものです。

私たちの生活を豊かにしていくためには節税だけでなく政治にも関心を持つことが必要ですし、

どういった活動を行っているのかということも把握していくことが大事です。

 

税金に関することの決定は国が行うことですから、政治や経済からも目を背けないようにもしましょう。

税金の知識は知らないとイザという時恥ずかしいですし、

分からないからと言って人任せにしてしまうのもなんだか不安です。

 

専門的なことまで把握しておく必要はありませんが、

基本的なこと、もめ事に巻き込まれない程度の知識を積んでおくことも

もはや大人の常識とも言えるものです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL