領収書の保存方法

領収書はたまっていき、

さらにかさばります。

ここでは簡単に整理、保存方法を記載します。

 

まずは、スクラッチブックなどに日付順に貼り付けていく方法です。

こうすると、本を見るように領収書を閲覧することができるようになり、

いつの領収書かを日付順に整理しているため、

あとで探すのにも便利になります。

 

貼り付ける際は、先に貼ってある領収書から

1センチ程度ずらして貼り付けていくことがポイントとなります。

合わせて張ってしまうと、後で見るときに

探すのが大変になるためです。

 

また、月ごとにページ端にラベルを張っていくと、

いつのものかすぐに探すことができ便利です。

 

次に、領収書の仕分け方のコツとしては、

交際費、消耗品費、医療費など

大雑把に分けておくことがポイントとなります。

また、期限が過ぎたものは順次廃棄することもポイントとなります。

 

医療費控除の申告や所得税の確定申告などの申告に必要なレシートは、

専用のファイルを作って保存することがポイントとなります。

目的ごとに収納することで、申請の手続きを行う時に、

探し出す手間が省けて便利です。

 

また、クレジットカードなどの厚みがある明細書類は

別のクリアファイルにまとめて保存することもポイントとなります。

 

その他にも、何に支払ったかによってまとめて保存したり、

支払先別に分けて保存したりなど目的に合わせて

保存していく方法がありますので、

自分の利用方法に合わせてまとめて保存していくことが重要になります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL