家事消費は売上に含むのか

皆さんは、家事消費という言葉を

聞いたことがありますか。

 

家事消費とは、個人事業主が

自分の店の商品を私的に使用することをいいます。

 

例えば、八百屋さんが売り物として仕入れた野菜を客に販売せず、

自宅の夕食に使うということです。

そのようにプライベートな目的で売り物を消費した場合、

その分は店の売上に計上するべきなのでしょうか。

 

答えは、するべきです。

税金を計算する場合には、

自家消費分は売上に記載しなければなりません

という規定があるためです。

 

では、どのようにして自家消費を売上に落とし込むのかと言いますと、

「販売価格の7割程度」か

「利益などを除いた仕入れ時の原価か、販売価格の5割のどちらか高価な方」

を規則で定められています。

 

基準が二つあってややこしいのですが、

基本的には「お客様に売る際の販売価格の7割」を

収入に計上しておけば間違いありません。

 

このように「モノ」を売る販売業であればそれで問題ないのですが、

美容師が自分の髪を自分でカットするなどといった

「技術」で金銭が発生する場合は、それは家事消費には含みません。

もちろん、パーマ用やカラーリング用の薬剤などは売上に加算されますが、

カット代は実体のないサービスですので、自家消費には計上されません。

 

最後に、家事消費についてまとめを記します。

野菜や肉、魚など「モノ」としての商品を個人事業主が自分で消費した場合は、

その消費した分を「販売価格の7割」と計算して、

収入に計上しなくてはならないのです。

よって、家事消費は売上に含みます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL