個人事業主のアルバイト費用について

個人事業主のアルバイト費用についてですが、

どうやって確定申告をする必要があるのでしょうか。

 

個人事業主で稼いでいるのが本業だとすると、

アルバイトで稼いだモノは、副業になります。

そして、副業で稼いだお金については、

年間38万円未満であれば、

確定申告は必要ないことになっています。

 

超えてしまう場合は、副業として、

アルバイトで稼いだお金をきちんと申告する必要があります。

 

例えば、個人事業主としての収入は、

自営業で自分でやっている会社の収入だとします。

 

そして、副業として、講演を頼まれたり、

ちょっと手伝って欲しいと頼まれた仕事が幾つかあった場合は、

これらの収入がトータルで38万円を超えた場合は

確定申告が必要になるのです。

 

もちろん、自営業で普段、自分が本業として行っている

仕事の収入の申告が必要なのも言うまでも有りません。

きちんと確定申告をしない場合は、申告漏れになってしまいますので、

注意が必要です。

 

社長がアルバイトしている、と言うのは、

あんまりイメージがつかないという方もいらっしゃいますが、

下請けの会社をしながら、何かの仕事をしている人と言うのは

結構いらっしゃいます。

 

そして、それが、正規雇用ではなくて

非正規雇用のコトが多いのが特徴です。

まさか、社長を正社員として雇う訳にはいかないですし、

でも、ちょっと手伝ってもらえたら助かる、

という方が多いのも、事実です。

 

別に、稼ぐことが悪いことなのではなくて、

稼いだら稼ぎましたと言う報告が必要なだけです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL