会計ソフトの選び方

会計ソフトを選ぶとき、何を基準にすればいいのでしょうか。

 

メーカーも色々ある上に、ソフトも色々、

さらに値段もピンキリです。

 

値段が安いことに越したことはありませんが、

一番重要なのが「どんな機能があるか」、

そして、「その機能を自分が使うか」です。

 

例えば、まず補助科目が設定できること。

勘定科目の子科目が設定できる機能があることです。

 

この機能を使うと、預金を口座別に管理できるようになったり、

売掛金を得意先別に管理できるようになります。

 

次に、帳簿入力できるかどうかも重要なポイント。

これは、補助簿を付ける要領で入力できるというもの。

現金出納帳などの補助簿は、仕訳や簿記の知識がなくても付けることができます。

 

また、規模の大きい会社の場合ですと、

消費税の計算ができるソフトを選べば、決算の時、消費税申告のための資料を作成する必要がなくなります。

支店別、担当者別に売上げや経費を集計したい場合は、そうした部門別計算ができるソフトを選ぶといいでしょう。

他にも、帳票をexcelに出力できる機能があると便利と思う人もいるでしょう。

 

なんにせよ、まずは各メーカーが配布している会計ソフトのデモ版を試してみましょう。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL