事業主貸・事業主借

事業主貸・事業主借という勘定科目が存在しますが、

これは個人事業主だけが使用する勘定科目で、

法人が用いることはありません。

 

個人事業主の場合は、事業主から給料を受け取るということがありません。

なぜならば、事業によって得ることができた利益が、

そっくりそのまま個人事業主の所得となるからです。

 

実際には、ビジネス用のお金とプライベート用のお金は

別の口座に分けて管理しているケースが多いですが、

それらを完全に分けきるのは難しい面があります。

 

たとえば、ビジネス用の口座の残高が不足している際には

プライベートの口座からお金を引き出して使用するのが普通ですし、

自宅を事務所兼用としているような場合であれば、

家賃や水道光熱費などをビジネス用口座から

まとめて自動振替にしているようなケースも少なくありません。

 

しかし、それら全てをゴチャまぜにしておくわけにはいきません。

個人的な消費や生活費として使ったお金を

経費として処理することはできませんし、

ビジネスで用いたお金は経費として

確実に計上するようにしないと不利益を被ってしまいます。

 

これらを明確に分けて処理するためにある勘定科目が、

事業主貸と事業主借という2つの科目です。

 

事業主貸は、個人事業主がビジネス用の資金を

個人的な目的で使用した際に使う勘定科目です。

 

もう一方の事業主借の方は、個人事業主が

自分個人のお金を事業用に支出した際に用いる勘定科目です。

 

特に注意が必要なのは、ビジネス用口座で発生した利息の扱いです。

利息の税金は源泉徴収されていますので、

事業主借として処理するようにしないと損をしてしまいます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL