いまから始めよう断然お得な青色申告!

確定申告の時期になると毎年頭を悩ますことが、

領収書などの必要書類が整理できていなくて記録や帳簿が出来上がっていないというものです。

しかし、最も大きな節税はこまめに取引事実を帳簿に記帳するだけで出来るのです。

それが青色申告特別控除の活用です。

 

 

<青色申告のメリットを白色申告と比較してみると>

1.青色申告特別控除として所得金額から65万円を引くことが出来ます。

白色申告でも家計簿レベルの簡易な帳簿で10万円は引くことは出来ますが

青色申告特別控除の方が断然有利です。

 

2.家族や親族を青色事業専従者にして届け出て、給与を全額必要経費にできます。

もちろん実際に給料の支払いをしなければなりませんが、

家族や親族への給与を費用にできればかなり節税になります。

白色申告の場合は専従者控除として配偶者86万円、

その他の親族50万円の定額でそれ以上は認められません。

 

3.事業の赤字を翌年以降3年間の利益から控除できる純損失の繰越控除を利用できます。

これは青色申告だけに認められている特典です。

事業収入や不動産収入のある人は赤字になってしまう年度もあると思います。

開業直後は出費も多くて安定した利益は望めません。

そんな年は、事業所得や不動産所得以外の所得があれば、その所得と損益通算出来ますが、

それでも赤字が残る時に純損失の繰り越し控除の制度を利用できるのです。

 

4.赤字が出た年の前年に利益がある場合、今年の損失と前年の利益を相殺して、

納めた税金を戻してもらえる純損失の繰り戻しも利用できます。

これも青色申告だけに認められています。

 

5.青色申告では30万円未満の備品は一括償却して費用にできます。

白色申告では、原則10万円以上の備品は減価償却で徐々にしか費用にできないのと比べ有利です。

 

 

<青色申告の条件>

事業所得や不動産所得のある人は3月15日までに

「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しましょう。

青色申告には複式簿記の帳簿をつけて決算書を作ることが条件ですが、

パソコンを使える人ならば市販の会計ソフトで簡単に条件を満たす帳簿や決算書が作ることが出来ます。

そうすれば、その年分から断然有利な取り扱いを受けることができます。

 

 

<まとめ>

以上述べてきましたように、青色申告は白色申告と比べて

いろいろな税制上の特典を受けられ節税できるメリットがありました。

しかし、それだけではありません。

しっかりとした帳簿や決算書があれば、銀行や取引先の信用も違ってきます。

また、経営者自身が経営状況や資金繰りを正確に知るためにも帳簿のこまめな記帳は必要なことです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL