法人化のデメリット

 

会社をつくると税金面や信用面でメリットはありますが、

逆に当然デメリットもあります。

 

会社を作るデメリットは書類の煩雑さコスト税金の3つです。

 

まず、会社を設立するには様々な届出書を提出する必要があります。

・個人事業の開廃業等届出書

・法人設立届出書

・青色申告の承認申請書

・給与支払事務所等の開設届出書

などなど、10種類ほどはあります。

 

特に開業後のバタバタしている時期ですと、書類を出し忘れてしまことも多いでしょう。

 

 

会社設立にかかるお金

まず役所に払うお金ですが、株式会社を設立するには、

定款認証手数料だとか、印紙代とか、登録免許税などを払う必要があります。

これら法定費用には約24万円かかります。

 

それ以外に会社の実印を作ったり、印鑑証明書を作る必要もあるでしょう。

さらに会社の設立を専門家に頼んだ場合は、その報酬も必要になります。

 

司法書士への報酬の相場は1回につき5万~10万円程度です。

つまり、会社設立には最低でも30万円はかかると考えておきましょう。

 

それに会社をつくると、個人のときよりも事務負担が増えます。

事務処理の多くは複雑なので、税理士や公認会計士、社労士といった

専門家に依頼することも増えてくるでしょう。

それらのコストも考えておく必要があります。

 

最後に、会社を廃業する時にもお金がかかります。

会社の清算手続きというものをしなければならなくて、

これを登記するだけで約4万円ほど必要になります。

手続きを司法書士に依頼した場合、トータルで10~20万円ほどかかるでしょう。

 

 

赤字でも税金がかかってくる

法人にした場合、赤字でも法人市民税・県民税等の均等割りで、

最低7万円程度の支払い義務があります。

 

また、法人は、社会保険の強制適用事務所に当てはまるため、

社会保険に必ず加入する義務が発生します。

 

法人化することによって、税金が累進課税ではなくなりますが、

どちらにせよ、利益が1000万を超えるようになってからが、

法人化にするかどうかを考えるラインだと言えます。

 

一度法人を作ってしまうと、簡単にそれを無くすことはできませんので、

会社設立については慎重に考えるようにしてください。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL