個人事業主の自己破産

自己破産という制度を知っているでしょうか。

自己破産とは、今ある銀行預金や土地、

家などの不動産を全て借金返済に充てて、

返済しきれない分は免責してもらう裁判所の制度です。

 

借金が無くなる都合の良いもので、お金を貸した方にとっては、

信じられない制度かもしれませんが、人生をやり直す機会を与えるために作られた制度なのです。

 

破産手続きと言っても、サラリーマンが破産する場合には、

それほど難しい制度ではなく、自分でも手続きが可能なくらいです。

しかし、事業主が破産する場合にはいろいろと面倒になります。

 

まだ法人会社であれば、仮に代表者が破産するとしても、

代表権は無くなるものの、会社の資産には何の影響もありません。

しかし、個人事業主となると、会社の資産と個人の資産が混ざっていますから、

非常に資産整理が面倒で、手続きも難しくなります。

 

そこで、個人事業主の方が自己破産される場合は、弁護士に依頼することをオススメします。

もちろん、依頼料が必要になりますし、その金額も50万円程度と決して安くはありませんが、

破産手続きをスムーズに進めるためには止むを得ない出費です。

 

まずは、弁護士事務所に破産の相談に行きましょう。

破産の相談をすると、今後の一切の返済をしないように言われます。

そうしたら、返済に充てていたお金を破産の依頼料として貯めることができる筈です。

破産した場合は、信用もガタ落ちしますから、

個人事業主としてやっていくことは難しいでしょうが、人生はやり直せますよ。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL