個人事業主の肩書き

個人事業主の存在がクローズアップされています。

日本においては、社長とも匹敵するその存在感が

多くの人から支持されているといわれています。

 

大企業の社長とは異なり、自分一人で社内のすべてを決めることができる点が

脚光を浴びる理由であるといえます。

 

大企業の社長においては、一つの物事を進めるにおいても、

取締役会などでの承認が必要とされる場合などが多いといわれています。

それに比べて、個人事業主であれば、そのスピード感の速さが特徴であるともいえます。

 

個人事業主の肩書きといえば、なんというかという問題がよく取り沙汰されています。

一般企業であれば、社長であり部長でありといったものが肩書きであるといえます。

個人事業主においては、一般的には、代表などとする場合が多いといわれています。

また、個人事業主には年齢制限はないとされています。

今般の高齢化社会の到来により、多くのシニア世代の人たちが、目指しているといわれています。

 

今般のいわゆるアベノミクス効果により、景気回復局面入りが鮮明になってきました。

リーマンショック以降、落ち込んでいた経済活動が大きく動き出そうとしています。

実際に、政権交代が実現し、公共工事の増加と東京オリンピックの開催決定を受け、

建設業界では、仕事の多さにより、人手不足が深刻化してきています。

 

昨今のネット社会の到来により、ネットでいろいろな情報を入手できるようになってきました。

肩書きに関する情報も指一本で見ることができます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL