個人事業主の事業開始と届出のタイミング

誰でもスタートすることが出来る個人事業主ですが、

その個人事業主としての申請を届出するタイミングがあるのです。

 

個人事業主として届け出するのは基本的に事業開始の年度にしなければ、

その個人事業として得た収入に対しての税効果を得ることは出来ないのです。

 

個人事業主の多くに雇用されて働いているところがあり

その働いている先の所得と合わせて、個人の事業の税申請をしているのです。

雇用されて所得を得ていなくとも個人の事業としての所得が年間20万円あれば、

税申告をしないといけないので、個人で事業をしている人のほとんどは

その事業に関する税申告をしているのです。

 

その個人で手掛ける事業ですが、最近急速に多くなっているのです。

その背景にあるのがインターネットの普及でもあるのです。

インターネットのこれ程までの普及は多くのビジネスチャンスを生み出してきたのです。

このインターネットの普及の恩恵を一番に受けたと言っても過言でないポイントが販路の確保なのです。

 

今の時代売れる良い製品を確保することができれば、

その製品をインターネットを活用して販売することご可能になっているのです。

この環境を活用して海外などで売れるポテンシャルを秘めている製品を見つけさえすれば、

個人でもインターネットなどを駆使することで収入を得ることができる事業が出来るのです。

この環境を利用して事業をスタートさせて、その事業が飛躍的に成長していくケースもあるのです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL