開廃業等届出書

全ての事業主は開業したら、

税務署に開業の届出を提出することが義務づけられています。

 

開業届けの提出のタイミングは、

青色申告をしたい年度の3月15日までとなります。

 

年度の途中で新規事業を起こす場合は、

事業開始から2ヶ月以内に申請することになります。

申請しなければ、その年は白色申告となります。

 

開廃業等届出書(開業届)を出さないと経費が認められず、

売上その物が所得となってしまい、大きな税金が掛かる事になります。

ですから、開業届を出さないこと自体、大きなデメリットなのです。

 

開業届によって、

・事業を開始したこと

・どういう事業をするのか

・青色申告をするつもりであること

・従業員を雇うつもりであること

などを届け出ることになります。

 

つまり、「ここで事業しています!」と税務署に宣言することになるわけです。

 

この手続きを済ませれば、晴れて個人事業主として認められることになります。

開業の届出は、いわば事業の出生届のようなものですから、面倒がらずに必ず行うように。

 

なお、開業の届出をすることにより、事業からの所得は事業所得になります。

事業所得であれば青色申告が選択でき、そのことによって青色申告特別控除や、

純損失の繰越控除など、多くのメリットを受けられるようになります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL