会社と個人、口座は分けるべき?

会社と個人で講座を分けるべきか

という問題があります。

 

双方を一緒に併用する人もいれば、

分けて使用する人もいます。

この二つの方法は、それぞれ利点と欠点があります。

 

まず、両方を分けることに対するメリットを述べます。

個人用と会社用で分別すると、

決済の煩雑さが解消されるという利点があります。

これにより、口座全体の見通しが良くなり

金銭の流通がよく分かるようになります。

 

欠点としては、口座が二つ存在するということもあり、

持ち運びや管理等の効率が悪くなります。

また、ポイントに関しても二つに分裂しているため

一定のポイントを得るための期間を多く要してしまいこれも効率が悪いです。

 

両方を一緒に管理する方についてのメリットは、

片方ずつ管理するの反対となり、運搬が容易になるということです。

デメリットに関しては、会社と個人の運用を併用するため

決済が煩雑になるということです。

 

利用に関する以外にも口座をあえて会社用と個人用に分ける用途があります。

銀行別に口座を作ることによって、金銭の残高を高める効果もあります。

頻繁に利用するものと頻繁に利用しないものを分別することによって、

片方では残高を残すことができて、少なからず利子の効果も期待できます。

 

銀行別に分けるデメリットとしては、残高を高めるために

別々の口座に金銭を割り当てなければならなくなり、

その管理が煩雑になるということです。

 

結論として会社用と個人用で分けるべき?かは、

金銭流れが煩雑になるものの、特典があり管理がしやすい

両方を一つにまとめる方が良いと言えます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL