10万円未満の資産

10万円以上の物は、原価償却資産となるため、

買ったその年に全部経費に計上することができません。

 

しかし逆に言えば、原価償却資産であっても、取得価額が10万円未満の小額資産は、

一括して取得した年の費用に計上することが認められています。

 

ただし、気をつけなくてはならないのが、

セットで使うものはセットの合計金額で10万円以上になったらNGということです。

 

たとえばソファセットを買った場合、

ソファとセットのテーブルが、単独ではそれぞれ10万円未満だとしても、

セットで10万円以上になっていれば、固定資産にしなければならなくなります。

 

また、10万円以上、20万円未満のものについては、

3年間で3分の1ずつ経費に計上することもできます。

 

たとえ99,999円のパソコンを買ったとしても、全額を経費計上できますが、

1円しか変わらないのに、10万円のパソコンを買った場合は、

当期で経費計上できる金額は66,666円も減ってしまいます。

 

ですのでできるだけ購入金額は10万円未満に抑えるように。

さらに、これらの備品をローンで買えば、

お金は出て行かないのに、経費は計上することだってできちゃいます。

 

ちなみに、パソコンとモニターはセットで使うものですから総額で考える必要がありますが、

複数のパソコンとモニターを所有していて、

それぞれ、他のパソコンやモニターと組み合わせて利用する場合は、

個別の判定で良いといわれています。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL