電気代も6割を経費に

家賃の次に大きい生活費といえば、

水道光熱費があります。

 

家賃と同じように、光熱費も、

仕事に使っている部分は按分して経費にすることができます。

 

電気、ガス、水道などは専用のメータを付けたり、

電話やインターネット代などは専用のものを別に設置することが理想的ですが、

それが無理な場合は、面積費などで分けることで、

事業用部分のみ必要経費に計上することができます。

 

例えば電気代の場合、具体的には、床面積、コンセント、電球の数等を基準に、

経費計上する電気代を計算することになりますが、明確な区分ができない場合は、

6割程度を目安として、経費計上するといいでしょう。

 

電気代は仕事でも使うので経費計上しても問題ありません。

ただし、ガス代も同じようにするのはちょっと難しいかもしれません。

 

仕事中にコーヒーを入れたり、仕事が終わってシャワーを浴びる事も

仕事のうちという考え方もありますが、

それは仕事がなくてもやっていることだともいえます。

同様に、食費も経費にすることはできません。

 

電気代を6割計上したとして、ガス代は4割程度にしておいたほうが無難かもしれません。

逆に、ほぼ一日中パソコンで仕事をしているような人で、

プライベートには全くパソコンに手を触れていないようなケースでは、

6割以上の電気代やインターネット代を計上することも可能です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL