設備投資の買取やリース

設備投資をするというときには、

どのような方法で投資をするのかということを

具体的に考えておくということが重要になります。

 

直で購入してしまうのかリース契約にするのかというようなことで

税金的な対処が変わってくるということもありますし、

節税などにも影響していきますから注意が必要です。

 

リースの場合には減損分としてそれぞれの年度に対して

経費として組み込んでいくことができるため、

長期的展望を持って行うというときには有利に働くという場合があります。

 

レンタルと異なるのは、使用貸借として行うが

基本的には借りっぱなしになるというようなところです。

長期的に貸借を続けていった場合などにも、

その処分についての扱いなどを業者側に任せるということが

可能であるというような利点もあるため、種類に合わせて

使い分けていくようにすると有効であるといえます。

 

必要な場合であるとか、状況などによって買取を考えるということが有効なこともあります。

設備投資として計上することができますし、

長く使って慣れているものならばそのほうが都合がよくなるということもあるからです。

 

機械などの場合には、買取などをしても耐久性などに問題がなければ

有用に扱えることがありますが、パソコンなど年式が重要になるものの場合には、

リース契約のままにしておいて必要な時期に引き上げてもらって

次の機種を導入するというほうが都合がよいということもあります。

種類によって使い分けると効果的です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL