緊急節税対策

節税と脱税は異なるものです。

 

脱税とは、利益が出ているのに申告をしなかったり、

売り上げを故意に形状しなかったり、

使ってもいない経費を経費として申告することです。

 

対して節税とは、税法の規定に基づいて、税金を減らすことをいい、

税法で設けられている特例を活用することです。

したがって脱税であれば、その後税務調査などにより税務署から課税されることがありますが、

節税の場合には法律に従って処理ですので課税されることはありません。

 

税法には法律ではありませんが、実務上法律とほとんど同視して考えられている

通達というものがあります。

通達とは、行政官庁の内部において、税法の解釈を示すものです。

なぜ実務上は法律とほぼ同視して考えられているかというと、

税務署をはじめとする課税する側は、税法の解釈の際に

通達と異なる解釈をすることは原則としてありません。

したがって納税者側が税法を通達と異なる解釈をしたとすると、

課税する側と必ず反目することになります。

 

緊急節税対策を考えると考えられる方法は、経費をより多く計上することです。

またその際には架空の経費ではなく、また法律に従った形でより多く計上する必要があります。

 

緊急節税対策のひとつとして、短期前払費用があります。

税法では、たとえば個人の場合に26年の申告を行う際に

27年3月分店舗の家賃を先に支払った場合であっても

原則として26年の申告の際の経費にはありません。

 

ただし例外として、短期前払費用として一定の要件を満たすものは

経費として申告することができます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL