経営セーフティー共済

個人事業主の人で、急に事業が上向きになり、

緊急の節税をしたいとうい場合

考えておきたいのが経営セーフティー共済です。

 

経営セーフティ共済とは、取引先が倒産し、

売掛金債権等が回収困難になった場合に、

貸付が受けられる共済制度です。

「もしも」のときの資金調達手段として、

当面の資金繰りをバックアップしれくれます。

 

取引先が倒産するかしないかということは誰にもわかりません。

経営セーフティ共済(正式名:中小企業転倒防止共済制度)は、

そのような不測の事態に直面したときに、

迅速に資金を借りることのできる共済制度です。

全国で約30万社が加入しています。

 

経営セーフティ共済とは、毎月いくらかのお金を積み立てておいて、

万が一、取引先が倒産して被害を被った場合に、

掛金として積み立てた額の10倍の範囲内で、最高8000万円まで貸付を受けることができます。

貸付条件は無担保、無保証人・無利子。

具体的な額は、「回収困難になった債権等の額」と、

「掛金総額の10倍の額」のどちらか少ない方となります。

 

そして、この制度の掛金は全額経費に計上することができます

1年分の前払いもでき、前払いした分もすべて払った年の経費に入れることができます。

 

つまり、儲かった年にこの共済に加入すれば、非常に大きな節税になるのです。

 

経営セーフティー共済は、掛金の額を5千円~20万円の範囲(5千円単位)まで自分で設定できます。

年末に加入し、最高額の掛金にして1年分前払いすれば、所得が96万円も削減できます

加入後も増額・減額が可能です。

 

さらに経営セーフティー共済の掛金は掛け捨てではなく、掛金の全額が積立金となり、

12ヶ月以上掛金を納付していれば、自己都合の任意解約でも、

掛金総額の8割の解約手当金が受け取れます。

40ヶ月以上加入していれば全額解約金として返還してもらえます。

ただし、戻ってきた解約金は、その時点で課税対象となります。

掛金の積み立て限度額は800万円まで。

また、掛金の前納もできます。

 

つまり、経営セーフティー共済は倒産防止保険つきの預金のようなものだといえます。

 

また、取引先に倒産が生じていなくても、

急に資金が必要になった場合は、一時貸付金の制度もあります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL