福利厚生の節税は賢く行えば効果は高い

節税に頭を抱えている個人事業主や法人は多いと思います。

法人に限って言えば福利厚生をうまく使うことで

節税ができる仕組みがあるのです。

それをするかしないかで、税金は大きく変わってくると言われています。

 

それが大企業で労働者が多い場合は効果は絶大で

すぐにでも始めることができる案件が多いのです。

それを今回は説明していきたいと思います。

 

手っ取り早く始められるのが通勤手当ではないでしょうか。

これは役員でもパートでも一般社員でも誰にでも支払うことができます。

そしてこの通勤手当は非課税の項目に入っているので、

通勤手当として支払うことができれば、節税のポイントとなります。

 

ただし国で条件は決められています。

片道直線距離で2km以上離れている事と、

一定金額以内で収めていることが条件になります。

 

その他にも見舞金に関しても書類などを通せば非課税にて処理してくれるのです。

結婚祝金や出産祝金などがそれに当たります。

もし会社からそういった面で祝金を出してくれているならば、

それは税金対策だと思ってよいでしょう。

 

さて、次にできる対策は慰安旅行などです。

これも良い税金対策になっています。

ただし条件はいくつかあります。

全従業員の50%以上が参加している事と、4泊5日以内の旅行である点です。

逆を言えばこの条件を満たしてさえすれば、経費として計上できてしまうのです。

 

このように福利厚生を使って節税対策はうまく使えば効果は高いと言えるのです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL