旅行も経費になる

プライベートな旅行を取材旅行だと言う人は多いでしょうが、

そういう言い訳は税務署の人たちも聞き飽きていると思うので、

証拠を用意する必要があります。

 

仕事の旅行なので、調査レポートなどを作っておいたほうがいいでしょう。

 

とはいえ、完全に仕事オンリーの出張でする必要はありません。

旅行のスケジュールの中で事業に関する情報収集だとか、

仕事関係者との打ち合わせ等を組み込めばいいのです。

 

例えば、ネットで商品を販売している事業の場合、インドネシアに行って、

「何かネットで販売できる商品がないかどうかを調査しに行った」

ということにすればいいのです。

 

工場見学に行った場合であれば、その工場の内部の写真を撮って、

何のために訪問したのかが分かるようにしておきましょう。

また、工場の人と名刺交換をして、実際に行ったという証拠を作っておくことも大切です。

 

簡単に言えば、視察旅行に行くということです。

視察旅行とは、会社の業務の参考になるものを見るための旅行のこと。

市場調査を名目にすれば、ありとあらゆる旅行が視察旅行になる可能性があります。

 

 

注意したいダブルパンチ

旅費交通費を使うにあたって注意したいのは、やはり「税務署の目」です。

 

税務署で旅費交通費が認められないと、

会社が社長に対して賞与を支給したものとみなされ、

当然、その分は経費として計上できなくなります。

 

さらに、社長個人は、賞与をもらったことには違いありませんので、

給与所得に関する源泉所得税が発生してしまいます。

 

このように、会社の法人税と源泉所得税の2つが課税されるため、

これを税理士の間では「ダブルパンチ」と呼ばれているそうです。

 

旅費交通費を使うには、しっかりと準備が必要ということ。

くれぐれも注意してください。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL