修繕費で節税

会社が固定資産を購入した後、

その資産を修理することがあるかと思います。

 

その際、処理方法は2つあります。

 

一つは、「修繕費」として処理する方法と、

もう一つは「資本的支出」で処理する方法です。

 

どちらの科目になるかの分かれ道は、

修繕費は「支出したものが資産の原状回復を目的とする」ものであるのに対し、

資本的支出は「支出したことにより資産本体の価値が上がるもの」です。

 

例えば、機会の保守点検や修理などは修繕費となります。

また、20万円未満の修繕に関しては、無条件で全て修繕費となります。

 

もちろん、それ以上の額であっても、

明らかに原状回復をするためだとわかるのであれば、修繕費とすることができます。

 

「修繕費」だと一括で損金計上することができますが、

「資本的支出」の場合だと、その資産と一緒に減価償却費として処理することになります。

 

ですから、節税対策の観点からいうと、

できるかぎり「修繕費」として計上した方がお得だといえます。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL