アパート経営で節税

景気も不安定な昨今、

自分の資産を守る方法は必要です。

資産形成のために、

株式投資や為替取引等で

資産を増やす方法も有りますが、

かなりリスクが高い方法です。

 

資産を確実に残し、且つ節税にもなる方法として

アパート経営を考えませんか?

 

特に資産の中に遊休地が有ればいう事は有りません。

土地は昔と違い簡単に値段が上がりませんし、

そのままではお金を生むことは難しい時代です。

その土地に価値を見出すためには、

アパート経営で安定した収入を得る事が資産を守ることになります。

 

確かに初期投資として建物を建てるための費用は必要ですが、

アパート収入で費用を十分償還できます。

それにアパートの減価償却の費用等で、

アパート経営の所得はあまり大きくならず、

アパートを建てた時の費用も返済できます。

 

個人でアパートを建てると入居率が気になりますが、

大手の建設会社等のフランチャイズのような形でアパートを建てたり、

学生が見込める場所でアパートを建てれば、

入居率もそんなに低くなることは無いので、

借り入れしていても問題なく返済できます。

 

建物の経年劣化の問題は有りますが、

そこは維持管理をしっかりすれば、

建物も古臭くならず入居率も大きく落ちることは有りません。

 

一日中維持管理をしなければいけないことは無く、

毎日こつこつ行えばきれいな建物を維持できます。

 

多少の努力を施せば、節税と資産維持が出来るアパート経営。

もし遊休地や資産をかなりお持ちならば、

定期的に収入が入ってくるアパート経営を考える時です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL