節税対策ノウハウ

節税するということは、税金を申告して、

それで終わりというわけにはいきません。

 

その後に控えている、税務調査を問題なくクリアすることで、

初めて終わりとなります。

 

つまり、税務調査対策をセットに、節税を考える必要があるということです。

 

それならば、税務署側の事情も知っている税理士であれば、

節税については、ほぼ完璧に強いと言えるでしょう。

 
元国税調査官が教える知らないと損する節税対策マニュアル

は、税務署で税務調査をしながら、税理士試験に合格したという、

レアな経験を持つ税理士が、個人事業主やフリーランサー向けに書いた、

節税対策マニュアルです。

 

そのため、税法の知識はもちろん、税務署の裏事情も本当によく知っています。

 

個人事業主やフリーランサー節税事例を紹介しつつ、ガッツリ節税できるノウハウを解説しています。

 

 

例えば、本書のポイントを一部紹介しますと、

・経費は3割ではなく、5割までつけることができる方法

・事業用口座を作るだけで、税務調査が楽になる方法

・税務職員の心証を良くするテクニック

・領収書のない接待交際費を税務署に納得させる方法

・消費税対策から考える法人化の時期とコツ

・・・などなど、これらは当マニュアルのポイントの一部に過ぎません。

 

他にも、すぐに使えて、一生役立つ内容が満載です。

 

マニュアルの値段は、52,500円と少々お高めですが、

最低でも年に10万円は節税できると謳っているマニュアルです。

 

しかも、その効果は一生涯続きますので、マニュアル代金はすぐにでも回収できるはずです。

※もちろん、当マニュアル代も経費にできます。

 

少しでも興味を持った方は、以下から詳細を確認することができます。
元国税調査官が教える知らないと損する節税対策マニュアル

 


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL