有姿除却

使用できなくなった固定資産を

有姿除却という方法を使うことで、

法廷耐用年数を待たずに、

申請したその年に経費として落とすことができるようになります。

 

一般的な機械等を使用しなくなった場合は、

その機械を廃棄したりして償却し、その費用を経費で落とします。

 

ところが、有姿除却を使うことで、

文字通り粉砕したり、廃棄することなく、

姿はそのままで残りの償却分を一括で償却することができるのです。

つまり、減価償却を前倒しする感覚です。

 

有姿除却を申請したその年に、落とすことができますから、

大きな節税対策となります。

 

注意点としては、有姿除却が使えるのは、あくまでも完全に使用できなくなったものだけです。

型落ちした程度のパソコンなどは、対象にはなりません。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL