有姿除却をするためには

有姿除却とは節税対策の一つとして基本的に行われるものです。

個人事業主では特に重要な節税で、

既に有している資産や固有財産の耐用年数を計算すると

その価値がなくなっているものの資産を消してしまうという方法です。

 

資産が減るので利益や売り上げに関係なく税金対策をすることができますが、

資産自体は残っているので会計上、その資産を開業資金等に

組み込まないようにすることで損失を多くするような操作ができます。

 

例えば、事業で利用している電子レンジなどですが、

長く使用する事ができますが、耐用年数はそれほど長くはありませんので

意外にすぐに減価償却で価値が減ってしまいます。

 

そうした際に、価値が金額的には実質なくなったものを会計上の資産からも

計上をやめることで節税にするという方法になります。

こうすることで既にある物の資産を減らすことができ、

事業の規模はそのままに会計上は規模を小さくしたという事ができるのです。

こうして税金を減らすことができるので、個人事業主には欠かせない考え方になるでしょう。

 

個人事業主は、その個人で多くの利益を生んでいますが、

その分税金も余計に支払わなければいけなくなります。

これは個人で働いているものにはかなり負担になるので、

しっかりと利益が残るように節約をしていくことが多方面で求められます。

例え税金でも過剰な金額を払う事はとても負担になるので

出来る限り税金を抑えられるように多くの事業主が工夫を凝らしているのが現状です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL