増加償却

固定資産には、法廷耐用年数が定められています。

ところが、機械などは、使用時間が長くなればなるほど、

それだけ磨耗は早まり、耐用年数も短くなるもの。

 

そこで、増加償却という方法があります。

 

通常、法廷耐用年数は、「1日8時間稼動で10年」といったように決められています。

でももし、その機械を1日16時間稼動させたのであれば、

機械は2倍の速度で衰えていく計算になります。

 

そんな場合に、2倍の額を償却できるというのが、増加償却なのです。

減価償却を前倒しするイメージです。

 

増加償却の申請は、所轄税務署に書類を提出します。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL