社会保険で節税

 

その年に支払った社会保険料は、

全額が所得から差し引かれます

 

社会保険料控除は、事業主自信が負担した国民健康保険の保険料、

国民年金の保険料などが対象となり、支払った保険料の全額を所得から控除できます。

 

つまり健康保険と国民年金は、支払った分だけ所得から控除されるわけです。

 

年金制度は破綻寸前だから入りたくないと、

個人事業主の人で社会保険に加入していない人は絶対に損です。

 

年金というのは貯金ではありません。

年金の最大のメリットは、何歳まで生きようが、生きている間はもらえるという安心感にあります。

何歳まで生きるか分からないというリスクをカバーしてくれるのが年金なのです。

それに万が一、自分が障害者になった時には障害年金を受け取ることもできます。

 

さらに年金は節税アイテムにもなります。

 

社会保険料はいつの分の保険料かを問わず、支払った年に全額を所得から控除できます

つまり過去の分の社会保険料であっても、支払った年に控除を受けられるというわけです。

 

国民年金は過去2年分の掛金を払うことができます。そして翌年3月までの前納をすることもできるのです。

社会保険料は、儲かった年にたくさん払えば、効果的に節税できるのです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL