生命保険料控除で節税

一年間で、何らかの形で働いており、

一定額の収入がある人は、

確定申告をしなければなりません。

 

会社員の場合、正社員ならば多くの会社が経理や

人事担当の係で年末調整というものを行ってくれて、

それが確定申告の代わりになります。

よって、給与以外に収入がなければ、確定申告をする必要はありません。

 

しかし、個人事業主の場合は、年末調整をしてくれる人がいないので、

自分で確定申告をしなければいけません。

 

その際、確定申告の用紙に一年間に得た所得などを記入します。

それは、所得だけでなく、使ったお金を記入することができます。

使ったお金とは、経費と呼ばれるもので、

事業を運営していくために必要であった消耗品やインテリアなどが挙げられます。

この経費の額によって、節税することができます。

なぜなら、経費の分は所得から差し引かれて税金の計算がされるからです。

 

また、同じように生命保険料控除というものもあります。

これは、生命保険に加入していたら、

最大5万円までを所得から控除してくれるという制度です。

 

また、個人事業主の場合、雇っている従業員の

保険料の一部を支払っている場合があります。

それは、生命保険料控除ではなく、経費として計上することができます。

つまり、自分自身で契約しており、

自分や家族のための仕事に関係がない保険は生命保険料控除へ計上し、

仕事に関係がある保険料は経費とすることができるという訳です。

このようにすれば、所得が多くても税金を抑えることが可能です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL