生命保険で節税する方法

高所得者にとって、最も懸念するべき事項は税金対策です。

なぜなら、日本において課される所得税、法人税は、

世界的にみても高く、また、日本では累進課税方式を採用していることから、

所得を高く稼げば稼ぐほど課される税金の金額が高額となります。

 

また、その課税については、前年度の所得金額を基準にしてなされることから、

獲得した金銭について即座に使用することができないということができます。

そこで、効果的な税金対策を講じる必要が生じます。

 

このような税金対策については、さまざまな規制がなされています。

そして、このような規制法に違反して税金対策を行った場合には、

追徴課税や重加算税などを追加で課税されることになり、

経済的損失を課されることになります。

そのため、合法的な税金対策である節税を行う必要があります。

 

そして、この節税対策のうち、もっとも効果的でかつ簡単に行うことができる方法として、

生命保険契約を締結することが挙げられます。

これは、生命保険契約に基づいて保険会社から支払われる保険金については、

所得税法上の課税対象から除外されているからです。

そのため、自己の保有資産を生命保険契約において保険料として納付させた場合には、

その支払った部分について節税を行うことができます。

 

もっとも、ロンダリング目的のために生命保険契約を締結する行為は、

保険契約を締結することができませんので、あまりに高額でない金額で生命保険を設定するべきです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL