小規模企業共済

小規模企業共済制度は、

いわば経営者の退職金のようなもの。

 

これは、小規模企業者の相互扶助の精神に基づき、

自ら資金を拠出して行なわれる共済制度で、

小規模企業者の福祉の増進と、小規模企業の復興に寄与することを目的として、

昭和40年に創設されたものです。

 

小規模企業共済制度は法律に基づく制度で、

国が全額出資している独立行政法人が運営しているため安心です。

全国で約120万人の経営者が加入しています。

 

この制度を簡単に説明すると、小規模企業の経営者の、

退職金代わりに設けられている共済制度です。

 

毎月、お金を積み立てて、自分が引退するときや事業を止めるときに、

通常の預金利子よりも有利な利率で受け取ることができます。

といっても最近の運用利率は、年1%程度ですが、それでも普通の積立よりは有利といえます。

 

この小規模企業共済は、掛金の全額を所得から控除できます。

所得税の確定申告書に、「小規模企業共済等掛金控除」という欄があるように、

特別扱いになっていることがわかります。

 

小規模企業共済に加入して控除を受ける場合には、

確定申告時に「支払った掛け金の証明書」を確定申告書に付けるか、

提示する必要があります。

 

また、前納ができる上に、1年以内分の前納額は

全額が支払った年の所得控除とすることができます。

さらに、掛金を前納することで、一定の前納減額を受けることもできます。

 

掛金は月額1000円~70000円の範囲で自由に選択することができ、

年末に月々7万円の掛金で加入し、1年分前納すれば、84万円の所得を減らすことができます。

加入後も500円単位で掛金は増額・減額することができます。

払い込み方法は、月払い、半年払い、年払いから選べます。

 

小規模企業共済に掛けたお金は、いずれ利子がついて戻ってくるので、

貯金しながら自分の所得から減らすのと同じことになります。

なるべく早いうちに加入した方がお得と言えます。

 

普通預金とは違い、自由に引き出すことはできません。

また、共済金に満期はなく、廃業時、退職時に受け取ることができます。

共済金の受け取りは一括・分割が選べます。

税法上、一括受け取りによる共済金は「退職所得扱い」となり、

分割受け取りの場合は、「公的年金等の雑所得扱い」となりますから、

税制面でも優遇されているといえます。

 

退職金として受け取るときには、退職所得に対しての税金が発生しますが、

退職所得は、所得税の中でも税負担が小さいため、結果として節税に繋がります。

個人事業主は、月々の報酬をたくさんもらうよりも、

退職金をたくさんもらった方が、税負担が大幅に軽くなるのです。

 

官僚が天下りを繰り返すのは、退職金の優遇税制を利用したいためなのです。

 

他にも、災害時や緊急時には契約者貸付の利用が可能になります。

契約者は、納付した掛金合計額の範囲内でなら、

事業資金等の貸付を受けることもできます。

その際、担保、保証人は不要です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL