個人事業主も住宅ローンを利用できる

多くの人が家を買うときに住宅ローンを利用します。

住宅ローンは、住宅を購入する資金として

使用することに限定して借りることができるローンです。

無担保のローンに比べて、低金利で借りることができます。

 

しかし、住宅ローンを利用するには、審査に通過する必要があります。

簡単に言えば、お金を貸した時にその人がきちんと返済できるかどうかを

貸し付けをする金融機関がチェックするのが審査なのです。

職業や年齢、収入、過去の借入の履歴などから審査が行われます。

 

金融機関は安定した収入があるかどうかを重視する傾向があるため、

個人事業主の場合、審査が厳しくなるようです。

少なくとも過去3年間安定した収入があったことを証明する必要があります。

 

また、住宅ローンの場合、返済期間が長いことが多いので、

その点でも個人事業主はサラリーマンなどに比べると不利になるようです。

しかし、個人事業主でも住宅ローンが利用できる金融機関はありますので探してみましょう。

 

また、頭金を多くできればそれだけローンを利用する金額を

少なくすることができるのでお金を貯めることも大事です。

個人事業主でも会社員でも、住宅ローンを利用するときには

クレジットカードもチェックしておくとよいでしょう。

 

実際に借入をしていなくても、キャッシング機能がついているカードを多く所有していると、

多額のキャッシングができる状態にあるとされ審査でひっかかる可能性があるからです。

不要なカードは整理しておくことも必要です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL