個人事業主の保険の全損

企業の経営者や個人事業主等にとっては

生命保険に加入することやこうした保険選びも大切になりますが、

こうした保険により上手に節税をすることも可能になります。

 

会社や事業主等にとっては、支払う保険料を経費にすることができるケースがあり、

こうして節税をすることができるようになります。

また法人の生命保険には会社の経費で社長や役員等に

こうした生命保険をかけると様々なメリットがあります。

 

支払った保険料が損金の扱いになり、全損や二分の一損金等の

損金に算入ができる経費の割合は異なりますが、

これに応じて法人税の税率負担が軽減されることになります。

 

こうして損金を計上することにより法人税の負担を軽減することができ、

軽減の分は会社のお金で積み立てることもできるようになっています。

 

こうして会社の代表者が生命保険に加入した場合は、

保険料は会社の経費として認められることになっています。

 

また個人事業主の場合には保険料が経費として認められるのは、自動車保険等があります。

保険料が税引き前のお金でかけられる場合には個人事業主よりも会社の代表者のほうが

たくさんの保険金をかけることができるようになっているのが特色になります。

 

生命保険に会社がしっかりと入っていることにより、

不安定な期間についてこの保険金で乗り切ることができるようになるので重要であり、

保険の保険料が会社の経費で落ちるようになるのは法人化をするメリットの一つになります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL