個人事業主が住宅ローンを組む場合

自営業や自由業などの個人事業主が

住宅ローンを借りるためには、

会社員と同じように、審査に通ることが必要です。

 

審査は借りるところによって違います。

しかし、銀行や信用金庫などの金融機関系、公的機関

どちらもある程度はポイントは決まっています。

 

個人事業主が住宅ローンを借りる時に注意しなければならないことについて説明します。

 

安定した収入があるかどうかが、まず重要視する項目です。

個人事業主の場合、確定申告をしているので、それを提出します。

提出しなければならないのは、直近3年のものであることが多いです。

それによって、少なくとも3年間は赤字でなく安定して収入があるかを確認します。

300万円以上の所得があると安心です。

 

また、確定申告書には、年金や保険の控除を記載しなければならないので、

それもしっかり支払いしているのかをチェックする場合もあります。

 

次は、税金などの支払いをちゃんとしているかも重要です。

会社員と違い、個人事業主は自分で支払わなければならないです。

ですから、税金の滞納がないかの書類も提出をすることが多いです。

 

確定申告書、税金の滞納がない場合でも、

あまりに大きい金額の住宅ローンだと審査に落とされる可能性があります。

それを防ぐためには、ある程度の頭金を用意しておくと安心です。

頭金を払って住宅ローンを組む場合は、頭金が入っている口座を確認することになるので、

そこに信用できる金額が入金されていると安心感も高まります。

個人事業主が住宅ローンを組む場合は、何年か前から計画的に準備することをオススメします。




税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL