租税回避は節税と違うのか

租税回避とは

通常用いられる法形式を

経済的に合理的理由のない

異常な法形式で行う取引のことをいい、

租税負担の軽減や排除を行うことです。

 

租税法律主義によっては合法だが

租税公平主義の観点からは容認できないとし、

この様な抜け道をふさぐために

実質主義の観点から課税されることがあります。

 

2013年6月に開催された主要国首脳会議では

対策に向けたルール作りが合意されるなど

グローバル企業の租税回避が問題となっています。

 

日本では法律によって課税される事になっており、

その法律に反することは脱税となります。

ただし、納税者は税を軽くすると考えるのが常であり

法律に従いつつその条文の定める常識の範囲で

行われるものに対しては節税となります。

 

脱税は課税要件の充足を隠匿する行為であり、

不法に税の負担を逃れることを言います。

法形式の回避を装っていても実際は事実の陰徳であることもしばしばあります。

これは私法上の性質決定の基準がはっきりしていないことが原因といえます。

事実の隠匿か法形式の回避かで国税局と紛争になることがあります。

そして形式上法律には従っているものの

条文の想定する常識の範囲からは外れており

租税回避はグレーゾーンといえます。

 

最近話題になっているのは税率の高い国にある本社が

税率の低い国の子会社に原価に近い価格で売り

税率の高い孫請けのある税率の高い国の会社に利益を載せて

製品を売り税負担を軽くしているということがあります。

 

からくりは本社と孫請けのある税率の高い杭では利益が抑えられて、

利益が高い下請けの会社がある国は税率が低いので税負担が低くなります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL