源泉徴収制度の配偶者特別控除申告書と給与支払報告書

個人事業主が従業員を雇っている場合、

毎月の給与から所得税を天引きし

従業員に変わり納付する制度を源泉徴収制度と言いますが、

1名でも従業者を雇っている(家族に給与を支払っている)場合でも、

その会社は源泉徴収義務者となります。

 

個人事業主は年末調整関連の書類として、

従業員に書いてもらう配偶者特別控除申告書がありますが、

各種所得控除に必要な証明書は添付しておかなければなりません。

そして書いてもらった申告書は、税務署に提出せず

個人事業主自身が保存するという点がポイントになります。

 

給与支払報告書は年末調整において

所得控除を計算する際の必要書類となりますし、

この用紙に記入することによって受けられる所得控除は、

生命保険料・地震保険料・社会保険料・

小規模企業救済金掛金・配偶者特別の5種類があります。

 

源泉徴収票の用紙には、従業員の住所・氏名・給与の金額・

徴収税額そして控除の内容などを記入しますが、

支払者である個人事業主の住所・氏名・電話番号を記入した上で押印します。

 

この源泉徴収票の用紙は4枚複写になっており、

1枚目・2枚目は名称を給与支払報告書として

従業員の居住する市区町村の役所に提出します。

 

3枚目は名称を源泉徴収票として、

給与500万円超の場合など一定の要件を満たす場合のみ

個人事業主の管轄税務署へ提出します。

 

最後の4枚目は本人交付用として書き込み、本人へ渡します。

また市区町村提出用も税務署提出用も、提出期限は翌年1月末なので、

期限に遅れないように提出することが大切になります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL