所得税と住民税の控除額の違い

私たちは税金を支払いながら暮らしています。

普段の買い物や収入から税金は徴収されています。

また、車を所有している人や不動産を所有している人も

税金を徴収され、その他にも多くのものから税金は徴収されているのです。

 

そもそも税金とはその地域に必要なことやものに対して、

その地域にいる人たちから少しずつお金を集める方法です。

この方法により、自分たちが暮らしていく分を自分たちでまかなうわけです。

 

税金には多くの種類がありますが、労働者に対して課税されるのが所得税と住民税です。

所得税は国税で住民税は地方税です。

この2つはサラリーマンや公務員であれば給与明細で2つの項目があり、

自分の手元に給与がくる頃には天引きされているのです。

 

所得税に関してはその年の所得の分に対して、その年に納めます。

しかし住民税はそうではなく、翌年に納めるのです。

住民税は所得税が確定してから計算されるものです。

毎年6月には支払わなければなりません。

 

この2つの税金の計算方法は異なり、それに伴って控除額も異なるのです。

収入から控除額を差し引いて計算されていますが、

納税者が持つ個々の事情から考えられています。

 

生命保険や医療費などがそうです。

所得税は収入の5%から40%までと決まっています。

これは収入によって違いがあります。

住民税は違いはなく、常に一定の10%です。

これら2つの税金の仕組みや計算を知っておくと

日常生活ではあまり使いませんが、

知識として身につけておくのは決してマイナスにはなりません。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL