平均課税制度

個人事業主をしていると、

毎年コンスタントに同じ年収が得られるとは限りません。

収入には大きな波がつきもの。

 

ですから、所得が少ない年は税金がほとんど徴収されなくたって、

所得が多い年に税金がガッポリ取られてしまえば、

結果的に多額の税金を納めることになってしまいます。

 

そこで、特定の年だけ儲かった場合、「平均課税制度」

というものが利用できます。

 

この場合、特別高額になった収入部分を特別所得として、

通年の所得と分けて考えることになります。

 

平均課税制度では、「今年・前年・前々年の所得」から、

「平均課税対象額」を算出して、その額に基づいて納税金額が決まります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL