中小企業投資促進税制

中小企業投資促進税制とは、

1台100万円以上する機械や備品などを購入した場合、

特別償却の30%か税額控除7%が可能になるという制度です。

 

特別償却30%ということはつまり、

200万円の機械を5年間で償却する場合、

通常は1年で40万円の償却となりますが、

これに取得価格の30%の60万円を上乗せして、

合計100万円を損金計上できるということになります。

 

一方、税額控除7%は、かかる税金から7%分を差し引くことができます。

この2つは併用することはできず、どちらか一方を選ぶことになります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL