そもそも税金って・・・

現実的には、「税金を払うために働いている」と感じている人も多いのではないでしょうか。

稼いだ以上に、もっていかれると感じるものが税金というものです。

 

税金は、「知らない」というだけでも損をするものです。

「税金のことはわからないから税理士を雇っている」という人でも、

社長が最低限必要な税金の知識を身に付けておかなければ、

会社を守ることなんてできません。

 

ちなみに、「節税」・「脱税」という言葉はよく耳にしますが、

その違いは、「節税 = 合法」、「脱税 = 違法」ということです。

節税とは、あくまでも「税法のルールに則って税金を少なくする行為」のことです。

 

ただでさえ不安定な個人事業主を悩ませる、この不景気な世の中。

いつ、起こるかわからない、多くのリスクに立ち向かうために、

大事なことは、「コントロールできることは、最大限コントロールすること」

そのコントロールできる最たるものが、税金なのです。

 

 

どうして税金を払いたくならないのか?

そもそも税金を払いたくないと思う大きな理由として、

「納めた税金が何に使われているのかわからない」という思いも関係しているのでしょう。

 

実際には、道路を作ったり、警察が犯罪を取り締まってくれたり、

公立学校が運営されるためにも、税金は必要なものなのですが、

今の政治家を見ていると、「どうせ無駄遣いしているんだろう」という

国に対する不信感を持つ人も多いはずです。

 

また、もう一つ、税金を払いたくない大きな理由として、

税金は見返りの無いコストということが挙げられます。

 

税金は、国を回していく上では必要不可欠なお金ですが、

自分の会社に限って言えば、税金を払っても、何の見返りもありません。

 

さらに、もう一つ、税金を払いたくない理由として、「日本の税金は高い!」ということがあります。

 

日本の所得税は累進課税がとられています。

累進課税とは、所得が高ければ高いほど、税率も高くなる仕組みです。

最高税率は、課税される所得金額が1800万円超えで40%にまで跳ね上がります。

 

世界的に見ても、法人税は20%台が最も多いのですが、

それに対して、日本の法人税は約40%と、アメリカと並んで世界で最も高い水準にあります。

これなら「税金の安い海外に逃げよう」と考える会社が多くあっても決して不思議なことではありません。

 

こんな日本で、日々頑張って個人事業を営んでいらっしゃる皆様だからこそ、

「節税」がなによりも大切になってくるのです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL