webデザイナーは個人事業主

フリーランスで仕事をしているようなwebデザイナーは、

個人事業主として事業別経費なども計上することが大事です。

 

事業別経費というものは、事業には直接的に関係しない経費のことです。

例えば水道光熱費やその他の消耗品にかかる経費だという解釈になっています。

事業経費として計上したものが、税務署の判断で認められないということは多々あります。

こうした場合にも事業別の経費ということになります。

 

個人で経営を行っている場合には、

税金の申告が曖昧なことになることが多いので

きちんとした税理士さんに申告をお願いしておくことが大事です。

去年まで通用したことが今年は通用しないということはよくあることですし、

確実に申告をしないと後でめんどくさい事態になることもあります。

 

個人で商売をしている場合には、

例えば取引関係の書類をきちんと取っておくことも大事です。

事業に必要な経費やそうでない経費もきちんと証明することが出来ますし、

申告の時にとても役に立ちます。

 

個人事業主は事業別経費や事業経費など様々な経費のことを

きちんと理解しておくことが大事です。

節税は経営者にとって欠かせない部分です。

webデザイナーのような仕事だと実際の仕事内容が不鮮明になることもあるので、

きちんと関係書類を整理しておくことが大切です。

 

個人事業主はフリーランスで仕事をする人が増えていることもあり増大しています。

こうしたフリーランスはきちんとした税金の申告がとても重要です。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL