カフェ経営の経費

カフェを経営する個人事業主の事業別経費についての紹介です。

個人事業主ですので、どのようにすればいいのか

難しいところがありますが、はっきり理解しておかないと

申告の時に困ることになります。

 

まずは、事業税や固定資産税といった租税公課です。

ここは、節約できるところがないかどうか、

一番初めにしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

飲食店ですので、水道代や光熱費がかかります。

これは他の事業よりも多くかかります。

後、カフェですのでもちろん材料費がかかります。

イラストや看板等を他の会社に依頼するなら、企業費がかかります。

ホームページを他社に依頼するのも今の時代欠かせなくなってきています。

そして、ホームページを維持管理するための通信費もかかります。

チラシを作るなら、広告宣伝費もかかります。

 

意外と見逃しがちなのが、お中元やお歳暮、

飲み会やパーティといった接待や交際費です。

これは、いくらかかるかわかりませんので、

多めに見積もっておくことをおすすめします。

 

カフェに欠かせないのが、新聞や本です。

これは、新聞図書代に含まれます。

 

そして、注意しなければならないのが、

事業主の休憩中の飲食代は、経費にはならないということです。

売上のための会議中での飲食でなら経費になりますが、

そうでないなら、必要経費ではないので経費にはならないのです。

他にも、機械や建物の修繕費等、カフェの経費の内訳は意外と細かいので、

管理をしっかりする必要があります。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL