アフィリエイトは何でも経費にできる?

年度末の確定申告の時期になると

個人事業主が必ず悩むこととして、

どんな出費ならば経費にできるのかということがあります。

 

特に個人事業主の場合、経費になるかどうかで

所得税をはじめとする税金の額が大幅に変わってくるからです。

 

最近はインターネットで収入を得ている人も多く、

中にはアフィリエイトで個人事業主として活動している人もいますが、

こういう人たちにも経費の問題が生じます。

 

しかしアフィリエイトの場合は事業内容の多様性が大きいため、

「何でも経費にできる?」という疑問を持つ人も多いようです。

この疑問に答えるためには、そもそも経費で認められる出費とは

どういうものなのかを考える必要があります。

 

経費で認められる出費とは、事業に直接関係するような支出です。

したがって、アフィリエイトに必要となるパソコンの代金や

インターネットプロバイダーの通信費用、

ウェブサイトを運営するためのレンタルサーバ費用、

独自ドメインの取得費用などは問題なく経費に含まれます。

これらがなければ仕事にならないからです。

 

アフィリエイトのために購入した書籍などもまた、

取材費として経費になります。

製品を紹介するための情報を持っていなければ

事業が成り立たないからです。

 

問題となるのが、サービスなどを紹介するために

自ら申し込んだ場合に経費として認められるのかです。

これは実際にそのサービスでウェブサイトを作成したのであれば、

取材費として認められるといえます。

 

これはライターの取材費が経費になるのと同じで、

これが認められないとサービスについての紹介が不可能だからです。

このようにアフィリエイトの経費の幅はかなり広く、

何でも経費になるという言い方も間違いではありません。

 

ただし、実際にそれをサイト作成に活かさなければ

経費として認められないのは当然のことです。


税理士も知らない節税の裏ワザ

書店で簡単に手に入らないような節税の裏ワザを知りたい場合には、

「絶対節税の裏技77」を読んでもみることをお勧めします。

この「絶対節税の裏技77」は、著者が税理士の経験より得ることができた

節税のためのノウハウが詰まっているので、

個人事業主がみることで効果的な節税をすることができるようになります。

中には、自分の顧問弁護士が知らないような節税方法も載っているかもしれません。

絶対節税の裏技77


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL