個人事業主の節税へようこそ

個人事業主、フリーランサーの方の多くが、節税 ノウハウ事業の経費をたくさん計上して、節税したいと願っていることでしょう。

でも、「どこまで経費として認められるのかわからないし、無理をすると税務署から怒られるかも・・・」と不安に思っている人もまた、大勢いると思います。

だからといって税金について無関心なのもいけません。 「税金の知識がないだけでも損をするのも事実」なのですから。

「個人事業主の節税」では、そんな個人事業主様の不安を解消します!

  • 絶対節税の裏技77

    【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています!!   個人事業主の節税に関する 「絶対節税の裏技77」という節税マニュアルがあります。   この「絶対節税の裏技77」には、著者が […]

    絶対節税の裏技77

最近の投稿

よく見られているページ

  • 開業届の職業欄に書く職業によっては個人事業税がかかりますので注意が必要

    個人事業主とは、株式会社などの法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいいます。 一般には自営業ともいいます。   個人事業主は、仕事をしている者の中で、 会社経営者、サラリーマン、公務員、アルバイト以外の者 […]

    開業届の職業欄に書く職業によっては個人事業税がかかりますので注意が必要

  • 持家では、何を経費にできるか

    持家で個人事業をしている人にとって、 何を経費に算入できるのか といった問題をきちんと理解しておかなければなりません。   事業所得、不動産所得、雑所得の金額を計算する上で 必要経費に算入できる金額は、総収入金 […]

    持家では、何を経費にできるか

  • 弁当代を経費で落とす

    個人事業主の経営では、 従業員と社内で食べる弁当代も 経費として落とすことができます。   打ち合わせを兼ねて弁当を食べながら話をしたといったような場合には、 完全に経費として認めることができますし、 従業員と […]

    弁当代を経費で落とす

  • スーツや眼鏡の経費算出

    企業に勤務している場合には、 ビジネスマンの常識として事実上着用を義務付けられているスーツや、 事務作業を行っている場合には、もはや生活必需品となった メガネなどを購入する必要があります。   そのため、現在の […]

    スーツや眼鏡の経費算出

  • 高級車を経費で落とす

    車は、会社を法人化しておけば、 例え、ベンツやフェラーリといった高級車であっても、 法人名義で契約することができます。   法人名義で契約した車で通勤していたり、取引先まで移動しているのであれば、 仕事で使って […]

    高級車を経費で落とす

  • 個人事業主の生活費

    法人化していない個人事業主の場合は、 年度末になるまで最終的な年収はわかりません。 では、日々の生活費はどうしたらいいのでしょうか。   基本的に生活費は、総収入の中から、 「事業主貸」という項目を使って捻出し […]

    個人事業主の生活費

  • お得な家賃の払い方

    事業所や店舗、仕事場などの賃貸料は、 当然のことながら全額を事業の経費とすることができます。   さらに、事業所や店舗、仕事場などが自宅以外にあっても、 自宅でも仕事をすることがあるのなら、自宅家賃も経費に入れ […]

    お得な家賃の払い方

  • 旅行も経費になる

    プライベートな旅行を取材旅行だと言う人は多いでしょうが、 そういう言い訳は税務署の人たちも聞き飽きていると思うので、 証拠を用意する必要があります。   仕事の旅行なので、調査レポートなどを作っておいたほうがい […]

    旅行も経費になる

  • 従業員給与の決め方

    青色事業専従者給与を支払うには、青色申告承認申請書に、 専従者の給与の額、支給時期などを記載する必要があります。   また、この記載項目に変更があった場合には、変更届書を提出する必要があります。   […]

    従業員給与の決め方

  • 給与より外注費が得

    経費の中でも大きい割合で、かつ、 仕事に直結する経費といえば人件費があります。   働いてくれた人に対して支払ったお金が、 「外注費」か「給与」かで、税金は大きく違ってきます。   まず、給与であれば […]

    給与より外注費が得

  • 税務調査に狙われやすい会社

      国税調査官は税務調査の件数にノルマがあるため、 税務調査を行なう会社全てに時間をかけることができません。   ですから、現実的に全ての人や個人事業主を毎年調査するのは無理です。   つま […]

    税務調査に狙われやすい会社

  • 営利目的でないネットオークションは課税されない

    会社員が仕事で出張に行くと、1日いくらかの出張日当をもらうことができます。   これは個人事業主でも、法人化していて、出張旅費規程をきちんと作っていれば、 会社から個人に出張経費を支払うことができるようになりま […]

    営利目的でないネットオークションは課税されない

  • 白色申告のメリット

      あっちでもこっちでも、「税金を納めるには青色申告の方が断然お得!」 と言われていますが、逆に白色申告にはメリットは1つもないのでしょうか?   それを考えるためには、青色申告のデメリットを見てみま […]

    白色申告のメリット

  • 車を買って節税

    車を購入したとしても、 購入費を一括で経費にすることはできません。   車は減価償却資産といって、 耐用年数に応じて、購入費を経費にすることになります。   例えば、普通自動車の耐用年数は6年ですので […]

    車を買って節税

  • 交際費は経費の塊

    経費に計上するのに、 もっとも使い勝手がいいのが交際費です。   交際費というと、一般的には、取引先やお客様との会食代というイメージがありますが、 本来、交際費とは、「事業に関係のある会社や個人に対して、 接待 […]

    交際費は経費の塊

  • 電気代も6割を経費に

    家賃の次に大きい生活費といえば、 水道光熱費があります。   家賃と同じように、光熱費も、 仕事に使っている部分は按分して経費にすることができます。   電気、ガス、水道などは専用のメータを付けたり、 […]

    電気代も6割を経費に

  • 経費で落とせる家賃は6割

    生活費を経費で落とそうとする場合、 もっとも手っ取り早く、かつ金額が大きいのが家賃です。   賃貸住宅に住んでいる自営業者やフリーランサーの人が、 自宅で仕事をしている場合は当然、家賃を経費で落とすことができま […]

    経費で落とせる家賃は6割